元宮橋歩道橋、着工へGo
安心のまちへ · 2021/10/08
磐田市見付(元宮町)の中川にかかる元宮橋で、歩道橋建設に向けた測量調査やボーリング調査が始まりました。 市街化により交通量が急増する中で、橋の部分だけに歩道がなく、歩行者の不安の声を背に自治会が市に訴え続けて、要望が実現しました。安全・安心の町へ大きな一歩です。

絶好の草刈り日和
雨のち晴れ · 2021/09/25
9月下旬、風もさわやかな秋晴れ。でも世は「緊急事態」。朝から生活応援クラブの仲間たちに加わって見付交流センターの敷地の草刈りに。これぞ絶好の草刈り日和なのでした。

簡素にして厳か―見付天神裸祭、例祭
雨のち晴れ · 2021/09/11
神職、巫女さんらに続いて拝殿に進む氏子代表の皆さんら。

雨のち晴れ · 2021/08/26
IOCバッハ会長の銀ぶらに、分科会の尾身会長が激怒。そりゃそうでしょ。

戦後民主主義の横広がりを
雨のち晴れ · 2021/08/14
2021/7/25(日) 「至誠・勤勉」「分度と推譲」-子供のころに習った二宮尊徳の報徳運動。その遠州地方の拠点だった磐田市見付(地脇町)の中遠報徳館で、大日本報徳社(掛川市)の鷲山恭彦社長を招いた集いが開かれました。...

安心のまちへ · 2021/08/14
2021/8/14(土)  線状降水帯がもたらした数十年に一度という大雨により、九州北部から広島県にかけ、各地の河川でまた大規模な水害が発生しています。  佐賀県武雄市では一級河川の六角川が内水氾濫とのニュース。...

祝福メッセージ
雨のち晴れ · 2021/08/08
見付交流センターに張り出された卓球の水谷隼、伊藤美誠両選手への市民からの祝福メッセージ

宴の後は…
雨のち晴れ · 2021/08/08
東京2020が閉幕しました。 前例のないさまざまな出来事と、賛否の議論を呼んだコロナ下の五輪。わが見付の町にも、100年先まで消えることのないような大きな痕跡を残しました。その歴史的評価は多分、そう遠くない人々によって下されることでしょう。

治水の始祖・武田信玄
安心のまちへ · 2021/07/03
 「河を治める者が国を治める」-。巨摩山地から流れ出る御勅使川と釜無川が合流し、激しくぶつかり合い、度重なる洪水に悩まされてきた

さらに表示する